上限金利って何?

> 意味のある投資を

意味のある投資を

消費者金融からお金を借りること=借金 ととらえるのが一般的です。
なぜなのか?当然借り入れして利子がついて返していくので借金という発想になるのでしょう。しかし、角度を変えればそうも思えないです。

お金を借りるには理由があるわけでその時に借りなければどうにもならないことも少なからずこの世の中には存在します。お金は汚いとか思ってしまうのはそういったいい面を省いて悪い面だけ見られがちなのでしょう。

意味のあることへ使えばそれは投資と言える

悪い感覚で言われるのもの共通点は単なる消費だということです。
消費は世の中の経済の為になるとかそういう大きな視点での話ではなく、借りる人自身が意味のある借り入れと消費をしているのかどうかということです。

では「意味のある」と「意味のない」はどういことなのか?

その日例えばひまひまで、パチンコ屋さんに行きました。
手持ちがないので5万円キャッシングし全部使ってしまった。
これは明らかに意味のない例として最適ですね。

一方、古くからの友人の結婚式でその月はなぜか出費が重なり
どうしてもキャッシングをしなければもたなかったからキャッシングした。
これは意味のある投資だと思いませんか。


何に対して意味があるか?人間関係なのか、将来の職業に役に立つのかなど
種類はたくさんあるでしょう。極論を言ってしまえば一例のパチンコもなにかパチンコメーカーで開発をする人になるのであれば良い投資かもしれません。

でも大半がそうではないですよね。
お金を使うこと自体は悪いことではない。でも使い方次第では意味がないことが多いので
そのあたり考えて消費者金融を活用するのかどうかを見直してみるといいのかもしれません。

Main menu

利用者の声

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 活用ガイド ALL RIGHTS RESERVED.