上限金利って何?

> 上限金利って何?

上限金利って何?

改正貸金業法が施行される以前は、出資法では上限金利が29.2%。
利息制限法では、金額に応じて15%~20%とされていました。

たとえば、利息制限法での上限金利を超えて、融資を行った場合でも、刑事罰がなく、
出資法の上限金利を超えて、融資を行った場合には、罰せられたことから、
貸金業者では利息制限法の上限金利を超え、出資法の上限金利を超えない範囲。
つまり20%~29.2%の、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる金利で、
融資を行っていました。
関連記事:総量規制を知ろう

法律上は、違反した金利でありながら、
実際には刑事罰がなかったことから、こういった高金利での融資が
あたりまえとなってしまい、利用者からみれば高金利での借り入れを
行わざるを得ない状況となり、これを理由に返済が苦しくなっていまいます。

多重債務、債務整理、自己破産などといった、
状況にまで追い詰められるケースも多く見受けられ、
グレーゾーン金利の撤廃が求められるようになります。

グレーゾーン金利の撤廃

2010年6月に完全施行された、
改正貸金業法においてグレーゾーン金利は撤廃となりました。

現在の上限金利は、出資法、利息制限法どちらにおいても、
最大で20%に統一されています。

消費者金融などの貸金業者では、返済に遅れてしまった場合の
遅延損害金の利息が20%とされている場合がほとんどで、
通常の融資の場合であれば、最大でおおよそ18%前後という
金利設定となっています。

以前と比べれば、低い金利であるといえますが、
銀行などに比べるのであれば、やはり高い金利であるともいえますね。


グレーゾーン金利 (参考)

Main menu

利用者の声

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 活用ガイド ALL RIGHTS RESERVED.