総量規制を知ろう

> 総量規制を知ろう

総量規制を知ろう

消費者金融を利用する上で、知っておきたいのが総量規制についてです。

総量規制が導入されたのは2010年6月、今からおよそ3年ほどまえのことです。
2006年に成立し、段階的に施行された改正貸金業法の一部であり、
グレーゾーン金利の撤廃(上限金利の引き下げ)と並び、
改正貸金業法の2大項目のひとつです。

もう3年前。と思う方もいれば、まだ3年前と思う方もいるでしょうし、
場合によっては、そんな決まり自体ご存じないという方など、
感じ方や認知度はさまざまかと思います。

総量規制の仕組み

具体的には、年収の3分の1を超える借り入れを制限する。
というもので、借入先の数に関わらず、複数社からの借り入れの場合などは、
合算されるものです。

例えば、年収300万円の人が、
A社から50万円、B社から30万円借りている場合であれば、
今後20万円を超える借り入れは制限されます。

ただし、そもそもが貸金業法における規制となりますから、
貸金業者での現金の借り入れ = 消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠
などが対象となり、銀行での借り入れは対象外となります。

銀行系消費者金融の誕生のきっかけ

一番人気は銀行系でも触れた、さらなる顧客獲得を目的とした銀行。
そして、消費者金融もまた銀行と提携することで、
総量規制の対象外として融資が可能となることから、
消費者金融業界の再編の大きな引き金となったと同時に、
いわゆる銀行系と呼ばれる消費者金融を誕生させるきっかけとなった
規制であるともいえるでしょう。

Main menu

利用者の声

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 活用ガイド ALL RIGHTS RESERVED.